お金を使わない生活から学んだ事!借金が返せない時にもおすすめ

お金を使わない生活から学んだ事!借金が返せない時にもおすすめ

私は若い頃から、お金を使わない生活を心がけています。
なぜならば私にはお金を稼ぐ才覚が、全くなかったからです。

 

 

お金がなくて辛いと思ったことは沢山ありますが、良かったこともあります。
節約って、それ自体を趣味にできるくらい、奥が深いです。
本を買うお金を節約するために、図書館へ通っています。
家から図書館まで、2駅分くらいを歩いて行きます。

 

 

電車賃を節約するためですが、歩くことが気持良いからでもあります。
当初は実用書ばかり見ていたのですが、小説などの文学的な本も読むようになりました。
小説は娯楽なのです。
国語の授業を受けていた頃には、気が付きませんでした。

 

 

しかも小説は、図書館を利用すればお金が一切かからない娯楽です。
図書館には、家計の管理や節約に関する本も多くあります。

 

 

現代的な節約の本も良いのですが、意外な本で節約のエッセンスを見つけることもあります。

 

 

特に古い文学作品では、節約美学のようなものが多く見つかります。
「無駄がなければ不足もない」というのは、欧米の古いことわざです。

 

 

昔の人が節約家だったのは、日本も欧米も変わらないようです。

 

 

 

自給自足のような生活をしている方の本も好きです。

 

 

メディアで話題になっている方だって、本が出版される前までは質素だったかもしれません。
けれども文章を読む限り、知的で教養のある方が多いようです。

 

 

お金を使わずに楽しいことを見つけるのって、実は知的なことなんですよね。

 

 

私の教養はまだまだですが、節約にはちょっと自信があります。
わりと手先が器用なので、自分で縫える服は自分で縫っています。

 

 

ほころび直しでは、家族から重宝がられています。

 

 

 

残りが少なくなった、でんぷん糊などをネバって使い続けていると笑われますが。
そんなことをしていたら、貧乏神が来そうだというのです。

 

 

節約することは、物に対する感謝の気持ちだと思えば、貧乏神は来ないと思います。

 

 

 

よくお金持ちはケチだと言うではありませんか。
現在では在宅ワークで少しだけ、自分で稼げるようになりました。

 

 

けれどもお金を使わない工夫は、一生続けるつもりです。

 

 

借金返済中もお金の使い方の工夫でいくらでもいける。